2017年05月28日

HEART ROCK 2.0 FINAL

いよいよ最後となった、HEART ROCK 2.0に行ってきました。

今回は2003~2004年のイラク設定。初のイラク設定とまりました。これまでISAF(アフガン国際治安支援部隊)として
活動を共にしてきたフランス、ドイツがイラク戦には参戦していないので、今回の2.0にはそれらの国は参加できず。
今回の2.0では多国籍軍は私(イタリアのカラビニエリ 空挺トゥスカニア)以外は皆さま英軍(ROYALE MARINE)でした。


さて、いよいよ会場間近。最初の頃はここの交差点を間違った方向に行ってしまっていたものです。
ワクワクしてきます。


今回のベース。多国籍軍と欧州特殊部隊の共同運用です。


今回の秘密兵器、可搬式の炭窯。






そしてハートロックでは「ピンク」で通じる、いつものケバブ屋さん。今回はわたくし、2日で4ケバブいきました。



そのケバブ屋さんを見つめる、フクッシマーから来た義勇民兵。彼は今回、何個食べたのでしょうか・・・



英兵さんとトンガ兵(トンガ防衛局)。


早速、タクシーの床下をチェック



夜は例によって、食べて飲んでのお楽しみタイム。今回、料理がいっぱい過ぎたかな? 美味しいお肉や鍋などで皆が満腹のところ、
さらに炭窯内には1kgの鶏肉が! 私が手をかけていた料理が出遅れて出来上がりました。

いやいや、お腹いっぱいでもう無理でしょう、困ったな・・・ってな空気の中、颯爽と現れたフクッシマーとミヤギスタンから来たゲリラの皆さんが
ぺろりと美味しくたいらげて行かれました。感謝!




あけて翌日、開会式から。








我々多国籍軍の任務は欧州特殊部隊(イギリスSAS、オーストラリア、イタリア)とともに検問所を設置、徹底した検問を実施せよ、というもの。










わたくしはカラビニエリにて



とりあえず、通行人や車両などの検索を実施します。ジャーナリストや現地民に紛れて、怪しい風体のものもちらほら。声掛けをしたとたん・・・パン!!
発砲、被疑者は逃走。英兵2名が被弾、負傷。早速、米空軍のPJさんがやってきます。







黒色のトリアージをもらった英兵さん、なぜか嬉しそう・・・









やがて、不穏な情報が入ってきました。不平、不満をもった現地民が騒擾をおこす可能性があるというもの。暴動ですな。
よって、英軍はライオットシールドと警棒、フェイスガードつきのヘルメットでクラウドコントロールの用意を。





徐々に近づいてくる現地民の集団。地元の村長が扇動しているようです。
地元民は松ぼっくりや葉っぱ、木の枝などの危険物を容赦なく治安部隊に投げつけてきます。
なぜか皆、満面の笑みなところに、狂気すら感じます。





衝突の折に村長を確保、集団から引き離し、騒擾を鎮圧。首謀者の村長はNNOというコードネームでマークされていた存在と判明。
この後、英軍のインテリジェンスに引き渡されました・・・




などなど。楽しい時間を過ごしました。前夜にお酒を酌み交わしながら、ためになる話、逆にまるでならない話(笑)など、お会いした方々と
ランタンの灯の下であれこれ話をしてゆったりと過ごせたのが良い思い出となりました。感謝です。

また次回! といきたいところなのですが、HRはこれでお終い。隔年でHRみたいなイベントをやりたい、
なんてお話も(前回のHR7thにて)ありましたが、さて・・・






お疲れ様でした  

Posted by ムラカミ at 20:37Comments(0)HEART ROCK

2017年05月01日

Heart rock 2.0 Final !!

ハートロック2.0、いよいよファイナルですよ。
泣いても笑ってもラスト。

今回も、多国籍軍(これまでのISAF)にて参加です。
イタリアのカラビニエリ。空挺トゥスカニアです。




今までのハートロックではアフガン設定だったので、
EUPOLといったような文民警官的な装備でしたが、
今回は2003-04年のイラク設定ですので、がっつりM4(本物はM4クローンですが)を持っての実力執行部隊。
AR70/90のエアガンが存在してたら、ばっちり一般部隊が出来たんだけどもね。無い物ねだり・・・。
とにかく、イスラエルベストを身につけてマガジンいっぱい入れてやる(笑)。
ついに、念願のアサルトライフルを持ったカラビニエリです。

ベストは新品で買ったのを、デザートカラーのスプレーを使ってエイジング。使い込んだ感じにしました。


今回はヘルメットにカバーをつけてみました。
ボディアーマーはボスニアの時期のものなので、ちと04年にしては古めかな?
腕章は真っ赤なMSUのがいいんだけども、イラク派遣部隊として使えるデザインのが手に入らず、
黒MP腕章にて。本物でMP腕章を付けてる写真もありましたし・・・。




いよいよ最後のハートロック。楽しみです。

  続きを読む

Posted by ムラカミ at 19:20Comments(0)HEART ROCKカラビニエリ

2017年03月26日

春の黒鷹堕祭り(K氏主催ゲーム) @さとうさんち






主催のK氏。今日もウッドランドCCTでバッチリきまってます。



空軍のSATCOMアンテナに興味津々




HQでのブリーフィングでは、ミヤギスタン共和国ワターリのテロリストの手配書が。





今日も日報を書いて提しゅt・・・・



チャーリーシーンのNAVY SEALSに、こんな感じの人が出てましたね


お昼です! ご飯です! ここからが本番です!!



南隊長の燻製ローストビーフ。軽く表面を焼いて、これから燻します。


屋外なのにフライドポテト! それを南隊長がつまみ食い



今日のMSさん達は豪快に肉をさばき、豪快に焼きます。肉、肉、肉、そんでまた肉! 骨の周りの肉が美味しかった♪



なつかしい駄菓子をいくつか。ずいぶん久しぶりに食べたら、なんだか小学校に上がる頃の思い出が蘇りました(涙)。




今週のワイルド先輩。アッパーとロアーで色を変えたCQBR。後替えアッパー状態を再現。









不法な武器を発見した仏兵の図







ブラックホークダウン的なシチュエーション、やってみたいねぇ・・・という某氏のつぶやきに端を発した今回のゲーム。
せっかくだから装備系の人でゲームやって、お昼に美味しいものを食べようよ、となり、会津の方々や
空軍さん一同も大集合の楽しい一日でした。

お疲れ様でした!! また次回お会いしましょう  

Posted by ムラカミ at 21:32Comments(0)サバゲ

2017年02月12日

2017.02.12 K氏主催ゲーム @葉山春風園

本日はK氏主催のゲームに。週の前半は寒かったり、昨日は風が強かったりで
天候を心配していましたが、穏やかな一日でした。
K氏から声のかかった、いつもの人たちと、楽しい時間を過ごしてまいりました。

圧巻はお昼! 豚軟骨を生姜などで丁寧に煮込んで作ったスープのうどん、それから燻製(半熟卵の
燻製が美味!)、羽根つき餃子、もつ煮・・・さらにはケーキや焼き芋まで。それをいつもの仲間たちと
一緒に食べる。何とも贅沢な、至福のひと時でした。

今日は次世代M4と、途中からM635(9mmカービン)を使用。M635はセミオートの切れを重視して
サイクル早目のギア+サマコバモーター+LiPo11.1Vにしたので、次世代(ノーマル)M4とは違った、
キビキビした動きをしてくれました。なにより軽くて楽です。

ゲームは毎回一進一退の、ドラマチックな展開。圧倒的な火力と勢いで、勝てると思ってたら
ふとしたきっかけでガラッと形勢が逆転してみたり。
おバカな話も一杯して、サバゲーも堪能しての、楽しい一日でした。








  

Posted by ムラカミ at 20:01Comments(0)サバゲ

2017年01月15日

ポリスのランニングマンチャレンジ

今さら感がありますが、昨年2016年に流行ったものの中に「ランニングマンチャレンジ」なるものがありました。

流行ったのが去年の夏前くらいの事でしょうか。当時はニュースを見て「ふーん・・・」くらいに思っていたのですが、最近、
ふとしたきっかけでYoutubeを見てたら、アメリカの警察がアップした画像が次々と出てきて、これがなかなか面白い。




日本ではあまり馴染みがないようなのでランニングマンチャレンジについて少し・・・。

発端は授業に退屈していた二人の大学生が、暇を持て余していたので一人がMy Booを歌い、もう一人がそれで踊り、その様子をyoutubeにアップしたこと。
そこからじわじわと火がつき、次のルールでバトンを渡して投稿していくのが流行るようになりました。 ルールは①1995年の曲Ghost Town DJ'sの”My Boo"を使ってランニングマンで踊った様子をyoutubeにアップすること
②動画の最後に次に踊る人を3人指定すること  ・・・マネキンチャレンジとかアイスバケツチャレンジ、HAPPYビデオみたいなもんですね。

Ghosttown DJ'sのMy Booはこんな曲。



そして、ある時ニュージーランド警察が指名されたところ、なんとキレッキレのダンスでホントにやっちゃってくれました。

さらに、次に彼らが指名したのが「世界中の警察」。
お隣のオーストラリアの連邦警察AFP(こちらもキレッキレ!) https://youtu.be/lxZO_crClWk や、スコットランド警察学校 https://youtu.be/zTZv9Zn31Dk など
世界中の警察が、制服姿の警察官が踊りだす様子をアップしています。
https://youtu.be/DJnqS0vQFNk



本家アメリカでも各自治体警察がアップしています。


ブルーの制服のマイアミ市警察。サラッとマイアミサウンドマシーンのコンガ!が出てくるあたり、見事です。マイアミ市警察のVlogの一環の様ですが、
マイアミバイスを思い起こさせる、ニヤッとしちゃうロゴが素敵です(動画の一番後ろに登場)。

大都市圏から。
ニューヨーク市警察 意外とシンプル
  https://youtu.be/xzdDYktqfRo
アトランタ市警察
  https://youtu.be/CRSyclcFiHE
ピッツバーグ市警察
  https://youtu.be/DdT7MAy5IYA
デトロイト市警察
  https://youtu.be/_gkbfBpcAtg
シンシナティ市警察 途中のブレイクが見事です
  https://youtu.be/m_QGHMD_FTs
ダラス市警察
  https://youtu.be/Jo2CtrIzOVU
ヒューストン市警察
  https://youtu.be/CXFyT3hMA9A
ノースマイアミ警察 土地柄、カリビアンなブレイクが入ります
  https://youtu.be/w49xKsAae1k
マイアミデイド警察 マイアミバイスでおなじみ 途中、懐トラックのRob Base & DJ E-Z Rockがカッコいいです。からの、ピットブル!
  https://youtu.be/l0nErSiFQ4c
ロスアンジェルス市警察 こちらは意外とあっさり
  https://youtu.be/fIi4KDxLiPo
ロスアンジェルス国際空港警察
  https://youtu.be/UKVBi5qYQ4I
ロスアンジェルス郡保安官事務所
  https://youtu.be/hBWRPwtVO60
ハリウッド警察
  https://youtu.be/LZVBfaJ6S84
ロングビーチ警察
  https://youtu.be/lzeOUAWQu8I
サンディエゴ市警察
  https://youtu.be/EUaLX_NrLjI
サンディエゴ郡保安官事務所
  https://youtu.be/GfCOZ1qshSg


大体の場合、ドラマ仕立てで上司に隠れてこっそり始まるパターン、チャレンジが回ってきて上層部が頭を悩ませているパターンで、
その後無線で一斉に連絡、始まると会議の書類をぱーっと放り投げて皆で踊りだす、警察本部や市のホール前、スタジアムに全員集合、
最後にチーフやコミッショナーが登場、っていうのが多いですね。そしてそれぞれの警察組織で色々とネタを入れてきます。
SWATやBOMB UNIT、K-9なども普通に装備を付けたまま踊ってるのが楽しいです(とっても重そうだけど・・・)。

さらに地方の警察を。地方の警察は、よりネタを凝らしているようです。
オクラホマ州オクラホマシティ警察 マイコー(マイケル・ジャクソン)が!
  https://youtu.be/xcg9eR6IvZg
フロリダ州ハランダールビーチ警察
  https://youtu.be/i6XGFK57IwM
フロリダ州デイビー警察
  https://youtu.be/OPiu2uWxis8
フロリダ州ミラマー警察 映画の立籠りシーンでよくある、直通電話を投げ入れてネゴする場面からの展開
  https://youtu.be/aER0RC1RHmA
アリゾナ州ファーミントン警察 「アメリカンアイドル」風な展開
  https://youtu.be/AqKCifVbyzo
テキサス州ルイスビル警察 オープニングがまんま「COPS」! アメリカあるあるネタですね。途中、テイザーが! 
  https://youtu.be/7s391GrXnM4
ジョージア州ノークロス警察 こちらも「COPS」
  https://youtu.be/mMx15jIwupQ
ノースカロライナ州ダーラム警察 途中、Before I let go が入ってくるところがカッコいい
  https://youtu.be/7W3FQpcJ8FU
ノースカロライナ州ラリー警察 カントリーのアレンジが入ります
  https://youtu.be/XL9kgDccSHY
カンザス州ウィチタ警察爆発物処理班 とにかく重そうです・・・
  https://youtu.be/uDb1ORTkaHw
ミネソタ州ミネトンカ警察 鉄板のドーナツネタ
  https://youtu.be/QMGG-weRJgA
カリフォルニア州オレンジ郡保安官事務所
  https://youtu.be/C8VZZqq4Z9I
ニューメキシコ州サンファン郡保安官事務所
  https://youtu.be/EWA_GDi1xmk
アリゾナ州ピマ郡保安官事務所矯正局 これ、もはやMy Booじゃなくてジャスティン・ティンバーレイクなんですけど・・・
  https://youtu.be/_F3IGLVi1c4

いっぱいありすぎて把握しきれていませんが、なかなか楽しいです。制服やバッジ、装備も色々ですね。パトカーのカラーリングもさまざま。
地域で制服の色やショルダーパッチに傾向みたいなものがあるのも見て取れます。
にしても、どこの警察にもダンスが上手な人がいるものです。文化の違いなのかノリもいいし楽しそう。
何日か見ていた中で、州警察とか連邦機関、特殊な警察機関のは見つけられなかったのですが、もしかしたらあるのかもしれませんね。






まさかと思って日本のおまわりさんのも探しましたが、ありませんでした。  

Posted by ムラカミ at 16:55Comments(0)法執行関係

2017年01月03日

2017年撃ち初め @葉山春風園

あけましておめでとうございます。

本日は新春の恒例行事、撃ち初めでした。
いつもの方々、久しぶりな方々。にぎやかな年始の会となりました。


早速、9mmカービンです。本日は'90~'00年代初頭あたりの取締局風に。
年末のゲームで使って以来、充電しないままだったために途中で終了。ゆうべの充電、うっかりしてました。
動いているうちは、すこぶる調子よかったんだけどもね・・・。その後は次世代M4にバトンタッチ。



寒い日には温かいのもがいちばん!! 本日の昼食は黒コショウのオーブンステーキです。ダッジオーブンに載せ炭、それに新兵器の
耐熱皿でビーフと野菜の蒸し焼きです。耐熱皿によってオーブンを洗うのがだいぶ楽になりました。グラタンとか香草焼きも出来そうです。
N隊長殿は燻製を、他にも煮込みラーメンとかカップケーキとか、美味しいものでお腹いっぱいです♪





今日は一月にしては暖かい日で、途中で雨雪で中止になることもなく穏やかな一日でした。たくさん遊んで、たくさん食べて、たくさん笑った、
そんなお正月の日でした。  

Posted by ムラカミ at 20:15Comments(0)サバゲ

2016年12月23日

9mmカービンにSUREFIREを

オールドスクールな9mmカービンにはオールドスクールなSUREFIREを。


って捜してみましたよ、SUREFIREの古いの。
SUREFIREのM620? M951?
いやいや、レイルの無い9mmカービンにはもっと古いやつね、L60ランプモジュール。
AR15系の専用マウントで載せるやつ。

そう思って捜したら、もはやショップじゃどこでも売ってねぇの。
ヤフオクとかebayとか捜したら、クラシックとかいって、いい値段ついてました。
それだけ弾数が無くなってるんでしょうね。
ついこないだまで投げ売りしてたんだけどもねぇ・・・。

そんな中で、ebayイギリスでL60+U05が£94の即決があったので、ポチッとな。
で、届いてビックリ。未使用未開封の新品でした。





このベゼルですよ、オールドスクールです!
どうですか、このサイズ感。L60。
LED、何それ? キセノンバルブですよ。数十時間で寿命が切れちゃう事に、
もはやロマンすら感じちゃいます。
マウントはSUREFIREのM25。こればかりはどこ捜しても
無かったのですが、なぜか日本のヤフオクに一点出てました。
ラッキー♩

最近の小さくて眩しいライトも素敵ですが、無骨なオールドスクールには
痺れるようなかっこよさがありますね。









マウントは、この様にフロントサイトポストを挟み込んで固定します。
ライト本体とマウントは、ほどほどのの重さ。装着すると
重心がフロント気味になるものの、意外と取り回しやすいです。


90年代〜00年代初期、といった感じでしょうか。
DEAとかマーシャルの当時の装備とか似合いそう。
いまだにアメリカの予算の厳しい市警察とか、南米の警察とかで使っていそうな感じですね。



説明書に家系図が載ってました。



今回、久々にキセノンバルブを点けてみて、改めて最近のハンドライトってすげーな、って感じました。


今のライト、安くなって小さくて明るい。しかもバルブの寿命が飛躍的に向上。
最近は安価なレプリカだって十分明るいですからね。

それに比べてこのライト、幸せになれるくらいに非力な明るさ。キセノンの赤みのある光で
ぼや〜っと(とはいえ明るいです)点ります。公称65ルーメン。
いや、昔はこれで「スゲー‼︎」ってなったんですよ。マジで。


こちらが今回のSUREFIRE。P60キセノンバルブです。
もちろん、直視出来ないくらいの明るさはあります。
6Pだと、もっと明るいけども寿命が短くなるP61バルブってのもありました。


比較で最近のライト。こちらはStreamlightのPro tec HL。600ルーメン。


当たり前ですが、当時はキセノン球が世界中のミリタリーやLEの世界で使われてたんですよ。
それが、LEDになって500ルーメンだ、830ルーメンだ、とかが当たり前の時代になったら
キセノンの明かりがなんとも可愛くすら感じます。

日進月歩とはいえ、慣れとは怖いものです。



そしたらね・・・
なんとSUREFIREの6P規格を1000ルーメンにしちゃう
あと載せのLEDバルブ、なんてのが出てるみたいです。
しかも800円くらい!
もちろんSUREFIRE純正ではなく、サードパーティ製(という言葉が適切かどうかの中国製)。
耐久性が気になる。


凄い時代になりました・・・
ご自宅で寝ているオールドスクールが復活する、かも
  

Posted by ムラカミ at 23:06Comments(0)エアガン装備小物

2016年12月04日

(今さらながら)COLT 9mm CARBIN M635

最近、クラシカルな装備に興味が移り気味なムラカミです。
ずっと気になってたModel 635、コルト9mmカービン。G&Pの電動ガン(GP293)を
手に入れました。



M635。かつて、1989年暮れのアメリカのパナマ侵攻の折に、米海兵隊艦隊付保安チームFASTがこの銃を手にしていました。
おそらく世の中に流れた、たった一枚であろう白黒の粗い写真には、ウッドランドを着て、レッグホルスター、レッグマグポーチをつけた
隊員の姿が。
坊主頭の中学生だった私は本屋さんで立ち読み中、雑誌から飛び込んできた姿に大きな衝撃を受けました。あれはたしかコンバット
マガジンだったかな。M635の細いマガジン。レッグギア自体もまだ一般的ではなかった時代。初めて9mmカービンとレッグホルスター
なるものを知った瞬間でした。


その後、アメリカの自治体警察の特殊部隊とか、DEAやUS MARSHALなんかでの使用例を雑誌やニュースなどで目にする事になります。特に90年代のDEAでは
よく見かけました。DEA CLET(麻薬精製所取締チーム 重武装の部隊です)ではハンドガードを長くしてサプレッサーを仕込んだものや、
さらに短くしたものも使用していました。


さて、時は先の話にもどって1990年代初頭。
長物はエアタン全盛の時代。先のパナマの写真からしばらくして、「パナマカービン」と銘打ってJAC(フロントライン)から100丁限定でM635が発売されました。
しかし、中学生の私には買えるはずもなく、指をくわえて見ているほかありません。
その製品は、ちゃんとフォアードアシストノブがなく、カートリフレクターも再現されたもの。¥39800だったかな、通常製品よりも高い設定ながら、
どうやら瞬殺だったようです。
その後、味をしめた(?)JACは廉価版の9mmカービンも出しますが、こちらは既存のM16系に手を加えただけの手抜き造形の品。
フォアードアシストノブがついてる、リフレクターなし。さらにバリ展で14.5inバレルも出してましたが、民間のAR15に9mmキットをコンバージョンしたような姿に
萎えたのを覚えています。そうこうしているうちにJACがエアガンから撤退。マルイの電動ガンが全盛になったのちも9mmカービンが電動ガンとして
出ることもなく、結局、しばらくの間はトイガンのM635に巡り合うことがありませんでした。


さらには実銃の世界もMP5に押されて段々と見かけなくなっていきます。
しかも、ミリタリーの世界(主に特殊部隊)では90年代前半から、LEでは95、6年頃から9mmパワー不足論が
席巻し、特に米国では2001年の9.11以降は決定的にM4に取って代わられ、もはやM635は影の薄い、過去の存在となってしまいます。


00年代にG&P(本体とパーツ)、STAR(マガジンのコンバージョンキット)などが出ますが、そのころには9mmカービンへの
興味も失っていました。


時代は流れて2013年。ボストンテロの際に、応援に駆り出されたとおぼしきDSS(外交保安局)のエージェントがまさかのM635を
手にしていました。そういうのを目にすると欲しくなるもの。そういやG&Pがいつだったか電動ガン出してたな、と思い
探したものの、すでに市場には無く(G&Pがリリースしたのが2004年頃だったかな? すでに結構経っていました)、あのとき買って
おけば・・・の後悔の日々。


それが、ご縁あって手にすることが出来ました。 また再生産したのかな? それとも市場在庫の残り?
とにかく、今さらながらコルト9mmカービンです。

おっさんの心のミッシングパーツ、といった感じです。



レール? ダットサイト? ンなモン知んね。 キャリングハンドル? 取り外せるわけねぇじゃん、何言ってんの!?
・・・的な、漢気あふれるスタイル。リアサイトはA1世代。




カートリフレクターがあり、そのぶんカバーをカット。フォアードアシストノブはありません。マガジンのアダプターを
仕込むため、3か所にピン穴が開いています。この細いマガジン! これぞM635! 美しいじゃありませんか! 
マガジンは、少しばかり強く押し込まないと入らない。スレたらスムーズになるかな。

で! で、だ! ポートカバーが閉まらないのでよくよく見たら部品自体が干渉するので、どう頑張っても閉まらない構造になっています。
何で!? どうしたG&P! マルイあたりのカバーを切断したものに変えたら閉まりそうな気もしますが・・・




マガジンはマルイのUZIを模したのでしょうか、コルトのそれとは少し見た目が違いますが、まぁこんなもんでしょう。
マガジンリップから奥にはアダプターが入っています。


実物はガスチューブがなかったはずですが、これはご愛敬の内かと・・・ そのうち抜いちゃいます。


ストックは3段階! そうです、もともとM16系は3段階だったのです。M4に慣れすぎていて忘れてたポイント。軽く感動!


ハイダーはM16A1のバードゲイジ。


で、バッテリーを入れようとしたら、なんと!! バッテリーコードが無い!!!
説明書らしき物も一切無く軽くパニック!! あれ、俺ちゃんと電動ガン買ったよね? ・・・うん、モーター入ってるよ。
で、ハッとして・・・




あー!! ストックチューブにインするやつ! 一時期ありましたね。G&Pからのリリース時はLi-Poが普及する前だから、
専用のバッテリーを2ピン(ラージ)コネクターで入れる仕様だったのでしょうね。ここは速攻でマルイと同じミニコネクターに
変更しました。バッテリーはOPTION No.1の LIPO 900mAh 7.4V(GB-0007V2)がすんなりと入りました。




これです、この写真。往時、私が衝撃を受けた写真。レッグリグなんて一般的じゃなかった時代。ハンドガンを太もものところに
付けてるよ! とビックリ。ホルスター、マグポーチ、フラッシュバンポーチともにEAGLEのSASシリーズでしょうか(にしても、バックルが違うような)。ABAのとは
形が違いますね。EAGLE製品が日本で、ポストホビーで扱われるようになるのは、この数年後の事・・・


osprey elite "panama1989-90"より。マグライトをこんな風に使ってたのですね。
攻撃対象のパナマ国防軍もウッドランドを着用していたので、
彼我の判別の為に白バンドを腕につけています。







そして2013年。ボストン。ボストンマラソンでの爆弾テロ~容疑者逃亡中に、外交保安局のエージェントをとらえた写真。
手前のエージェントと、奥の青ジャケットのエージェント、
共にM635を手にしています。



変わったスリングつけてますね。そもそも銃用のスリングなのか? わかりません。DBTのFAPC2(もしやUTOC?)と思わしきアーマーにモトローラ。



さて、G&Pのエアガンに話を戻します。実射ですが、素直に弾がすぅーっと飛んでいきます。
それよりもなにも、とにかく軽い!! レイルだライトだPEQだと載せるのに慣れてたので、これまた感動ものです。
サイトも懐かしいね、この感覚。ピープサイトだよ! フルメタルボディの質感が素敵です。

嬉しいことずくめですが、一方で作動音が少し怪しい。少しばかり大きいバネのビョーンという音と、かすかにギャギャギャというメカノイズ。
別に壊れたわけでも動かなくなったわけでもないのですが、なんだか気持ちが落ち着きません。

折を見てメカボ周りをいじることとします。  

Posted by ムラカミ at 18:33Comments(0)エアガン

2016年11月28日

遠征 某所 インドア戦

とある所へ行ってきました。インドアです。
フィールドは結構暗いので、セーフティの様子を写真にと思ったのですが、
思いのほか暗く、ブレブレになってしまいました。

せっかくマイルド先輩が2眼NVが光るようにLEDを仕込んでたのに、
ブレて上手く写ってませんでした。某隊長殿の渾身のウエスタンスタイルも、またしかり。



















久々のインドア、ゲームは白熱。普通のフィールドとはまた違った味わいでした。
  

Posted by ムラカミ at 21:53Comments(0)サバゲ

2016年10月19日

HEART ROCK Final stage その2

さて、我々ISAFも出動! と思いきや、出だしでもたついてしまったために早々の出発はおあづけ。
本部周辺の警戒任務からスタートです。周辺警戒と言っても、ずっと同じ位置にて立ちんぼ警備。少しづつ飽きてくる。

とりあえず検問をするも、なかなかターゲットが来ないので、通りかかった報道関係者の身体
検索(いわゆるバンカケ)をする始末。
無線で 「〇〇135から照会。現在、プレスを名乗る怪しい者一名を確保。氏名×××、男、・・・」
「123から〇〇135、その者にあっては全般照会該当なし、ゼロゼロです」
なんて遊んでると、

ふらっと現れたゲリラが通りすがりに発砲。私は裏手にいてわからなかったのですが、表のほうでは阿鼻叫喚。
空軍さんに被害が出てしまいます。

「だからISAFは・・・」 空軍さんから怒られた(笑)。


さて、しばらく警備を行ってから、今度は村へ向かえとの指令が。
友好的な村があるから情報収集をせよ、との指令。




しばらく進み、村の手前に到着。
こちらの先頭は英軍と現地人通訳、ガイドの村人。それにくっついて、不肖ワタクシ、EUPOU(文民警官)。
フレンドリーな対応(買収とか)はお任せください。

そこへ村人たちが登場。ニコニコ顔で、こっちに手を振ってくれてる。何事もなくウエルカムな雰囲気で村に招き入れられる
のかな・・・と思った刹那、突然村人達が一斉に発砲。

先頭の英軍と私は全滅(即死)。現地人通訳と、後方でバックアップしていたドイツ憲兵が被弾。
HQ(司令部)へ救援要請すると、米空軍の救援チームが到着。


いつもながら空軍さん、装備機材がガチすぎます・・・

二人とも、一命をとりとめました。

空軍のPJさんは、まず現場でトリアージ(負傷者の優先度の仕分け)を行います。見込みのない者は黒色の識別をされてしまいます。
先頭で全滅した英軍と私は、もちろん黒。

「やったー、黒トリもらったぜ!!」
英軍の全員が満面の笑みだったのは秘密です。


本部に戻ると(ここで全員復活)新たな情報が。どうやらさっきのは村人を騙ったゲリラだった様です。
改めて村に向かうこととなりました。


本当の村人は友好的で、美味しい(!?)お茶を出してくれました。




自衛隊とも遭遇。

すると現地人ガイドがなにやら情報をつかんだ模様。


この村の中に武器を持ったゲリラが紛れ込んでいるとのこと。

この村の村長に許しを得て、全員の身体検査を行うことになりました。


ワタクシの出番です。うしろのドイツ憲兵さんの手が即応態勢なのにご注目。
村人をスキャナーで調べてると・・・突如、背後からゲリラが接近。ここでIEDを投げ込まれ、ISAF、村人もろとも標的に。
ワタクシは爆心地に立っていたので、またもや即死。

再び空軍さんの支援を要請、またもやトリアージで黒もらっちゃいました。



本部に戻ります。前線を訪問するドイツ高官。憲兵さんと握手。


さて、つぎなる司令はゲリラに占拠された丘陵を奪還せよ、というもの。
ハートロックのISAFには珍しい、戦闘任務です。

丘に近づくと、突然側面から銃撃を受けます。即時散開、反撃を開始します。
やがて、正面からの銃撃が激しくなり、膠着状態に。すると英軍兵士に着剣命令が。



それぞれが銃剣(すてんがん工廠製のプラのレプリカです)。英軍部隊長の突撃ホイッスルのもと、
一斉に銃剣突撃です。


そんなこんなで、楽しい一日でした。
今回は一発も発砲せず。そこはやっぱり文民警官っぽく、ね。







今回の戦利品。黒色トリアージ。


終わってから空軍さんに黒トリをありがとう、と言いに行ったら、若いPJさんがキョトンとしています。
すかさずベテランのCCTさんがPJさんに 「だから、中には黒もらって喜ぶ人もいるんだってば」と。

おうよ、おうよ、嬉しいんだってばよ(笑)。宝物にします。  

Posted by ムラカミ at 20:57Comments(0)HEART ROCKカラビニエリ